アルミホイールのキズ修理や、ホイールメーカーからのメンテ・鋳巣対策・修正云々は、あったわけだが、
マフラーとアルミホイールの修理事例を展示会用のサンプル製作事例として、
アルミパテGM-8300でDIY-自分たちで、肉盛り修理してみた・・特集サイトTOP
http://www.blenny.co.jp/20070509alwheel_muffler/

マフラーの肉盛り修理編-アルミホイールのキズや、ホイールメーカーからのメンテ・修正云々は、マフラーとアルミホイールの修理事例を展示会用のサンプル製作事例として、アルミパテGM-8300でDIY-自分たちで、肉盛り修理、ホイールバランスもしやすいとのこと・・680ピクセル写真記録集 1-48頁




    ステンレスのヘラ部分を使いやすく加工して、使用。ステンレス製なので、腰が強く、GM-8300を少量
     なすり込む時など・・・便利です。
(模型用、試薬用などのミクロスパーテル・薬さじ)

 
実際のアルミホイールの修正作業・・鋳巣の肉盛り修正
GM-8300で巣埋め

    小さい肉盛り部分、穴、鋳巣などは、肉盛りというより、なすり込んで使用します。赤外線ライト
     を点灯しながら作業すると、接着も強く、気泡も少ない修正が出来ます。
     硬化後、良く切れるカッターナイフでGM-8300を切ったり、ホーニング、ビーズ打ちなど
     で・・・軽くブラストすると、金属光沢が出ます。


1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

21.

22.

23.

24.

25.

26.

27.

28.

29.

30.

31.

32.

33.

34.

35.